生ゴミを正しく処理して、嫌な臭いをシャットアウト!

Pocket

水気をしっかり切ることで、雑菌繁殖も減らせる

ゴミ箱を開けた時の臭いは強烈です。
特に夏場には雑菌が繁殖しやすい条件である湿度が高いため、より腐敗しやすく臭ってしまいます。
これはキッチンの三角コーナーなど生ゴミの水分量が多いことから菌が繁殖しやすくなりますので、その原因を徹底的に少なくすることが生ゴミの臭いを抑えることができるということになります。
水分量を減らせば菌の繁殖も抑制することができます。

排水口のゴミ受けに集めてから捨てていると、どうしても野菜の皮などが濡れてしまいます。
野菜の皮を剥く時も、濡らさないようにすぐにビニール袋や紙袋に入れてしまいましょう。
ほうれん草のお浸しなど茹でてから根を切る場合には、チラシなどを利用し包んで吸わせ、ビニール袋に入れて口をしっかり結びましょう。

ほんのひと手間、お酢や重曹を振りかけるだけでも

重曹は消臭作用、酢は殺菌作用がありますので、生ゴミのニオイ対策で振りかけると有効です。
生ゴミと一緒にビニール袋に入れてしっかり縛っておくだけで、悪臭を消し、雑菌の繁殖も抑えてくれます。
重曹の粉小さじ2~3と水200ccを混ぜてスプレーボトルに入れて用意しておけば、ニオイが気になった時にすぐにシュッとひと吹きできます。
ここへハッカ油などを加えると、さらに爽やかな香りになります。

生ゴミ対策だけでなく、ペースト状にしておけば油汚れにも、スプレータイプでは毎日使用する三角コーナーやまな板などにも殺菌消毒として、また家中の掃除にも使えますので、小さいボトルに詰めて家中持ち歩けるようにしておくと便利です。

密封して冷凍してしまえば夏場も安心

生ゴミの臭いの原因となる雑菌は、密封して凍らせてしまうと活動停止します。
それ以上繁殖を進めることはありません。
生ゴミをゴミ箱へ入れずにまっすぐ冷凍庫へ入れるというこの方法は、連休にて帰省や旅行で家を長期で空ける時などに使えるワザです。

ビニール袋に入れて口を縛り、さらにもう一枚ビニール袋を重ねて縛ったり、ジッパー付き袋で密閉するのも良いです。
生ゴミを冷凍庫に入れるのは、人によっては抵抗がある人もいるかもしれませんが、腐敗させてから入れるのではなく、先ほどまでは普通の状態であった野菜のクズや魚の骨です。
気になる人はこれらをさらに「生ゴミ専用タッパー」を用意して入れ凍らせるという方法がおすすめです。

生ゴミを埋めるだけでは肥料にならない?!

家庭菜園をやっている人は、せっかくなら生ゴミが肥料になればと思うでしょう。
家庭からでる生ゴミを使って堆肥を作ることは実際可能なのですが、そのまま生ゴミをただ単に畑に撒いたり埋め込んだりするだけでは臭いが発生して近所迷惑となってしまうだけです。

生ゴミは醗酵していなければ無意味となります。
正しい方法としては、「使える生ゴミは野菜・果物の皮などの植物性ものもの(分解が早い)」「もみ殻・EMぼかし・米ぬかなどを混ぜる(醗酵が早く進む)」「バケツやコンポストなどの入れ物を利用、なるべくフタ付きのものを(ハエや臭い対策)」「生ゴミにしっかり土をかぶせる(ハエ対策)」などのポイントがあります。
虫の発生予防として、一度に投入する生ゴミは少量ずつにしましょう。

生ゴミを正しく処理して、まとめ

生ゴミを正しく処理

生ゴミを正しく処理

生ゴミは正しく処理することで、悪臭を抑えることができます。菌が大好きな水分・温かい温度などを断ち切り、臭いの元となる菌の繁殖を防ぐのがポイントとなります。

なんらかの方法による、普段からのこまめな生ゴミ管理が大切となってきます。

防臭対策としては重曹や酢といった人間には無害な材料を大いに利用したり、水分を切ってビニール袋に密閉し冷凍庫へ入れ、菌の繁殖をストップさせたり、コンポストなどを利用して、正しい方法で堆肥に変化させるというのも有効です。

さまざまな方法がありますが、お金をかけずとも無理なく続けられて、自分に合っているものを見つけることが、防臭対策の第一歩となります。

まずは手軽に、重曹スプレーから始めてみませんか。